2018.11.13

Sky-Watcher AZ-GTi赤道儀化

Sky-Watcher AZ-GTiがコンパクトで値段もお手頃なのに高機能ということで早速入手しました。

Psx_20181112_205527

主要スペックは以下の通り
 マウント:      2軸制御経緯台
 最大搭載重量:  5kg
 本体重量:     1.3kg
 寸法:        高さ150mm、幅151mm、奥行90mm (ネジ含まず)
 マウント取り付け: V-Style(ビクセン互換アリガタ)
 固定:        3/8インチネジ
 電源:        内蔵:単三8本、外部入力:7.5~14V 0.74A
 モータ:       DCサーボモータ
 ギヤ比:       6480
 分解能:       2073600カウント/回転、0.625"
 エンコーダ:     1068カウント/回転、20"
 導入スピード:    800x, 600x, 400x, 200x, 32x, 16x, 8x, 2x, 1x
 トラッキング:    追尾しない、恒星時、月時、太陽時、ポイント&トラック
 データベース:   メシエ、カルドウェル、NGC、IC、SAO、ユーザ定義、全42,900以上
 制御ソフト:     Android、iOS、Windows
 Wi-Fi:        IEEE802.11b/g/n対応(2.4GHz)
インターフェイス: SynScanハンドコントローラ(RJ-12 6pin)、カメラコントロール(φ2.5mm)、
            φ2.1DCジャック(中心軸径φ2.0mm、外径φ5.5mm、中心+)
協栄東京店での価格は税抜き27,800円でした。

Wi-Fiについては特にマニュアル等には記述が無いのですが、本体表面にFCC ID: 2AC7Z-ESPWROOM02と書かれていて、ESP-WROOM-02 Wi-Fiモジュールが使われているようで、日本の技術適合証明206-000519も取得済のモジュールです。適合する規格はIEEE802.11b/g/nで、周波数は2.4GHz帯のみです。

Img_20181111_2201222

デフォルトでは本体がアクセスポイントとしてパスワード無しで接続します。また別のワイヤレスルータ等のアクセスポイントに接続するステーションモードでも使えます。自宅で使うにはステーションモードが便利ですが、遠征時などアクセスポイントが見つからない場合には自動的にステーションモードからアクセスポイントモードに変更になります。通常はステーションモードで使い、アクセスポイントモードの場合もパスワード無しではセキュリティ的に問題があるのでパスワードを設定しておきました。なおステーションモードの場合は、AZ-GTiとワイヤレスルータとは2.4GHzで接続しますが、スマホやPCとワイヤレスルータとは5GHzで接続しても可能です。
ただし5GHzに対応したワイヤレスルータを屋外に設置して利用することはW52(5.2GHz帯、36・40・44・48ch)、W56(5.6GHz帯、100・104・108・112・116・120・124・128・132・136・140ch)に限定され、W52の屋外利用は免許・登録が必要なので勝手に使うことはできません。W56は屋外でも大丈夫ですが、気象レーダとの干渉を避ける為にDFS(Dynamic Frequency Selection)が義務付けられており、レーダーの電波を検知した場合はチャンネルの切り替えが行われる為に一定時間通信が切れてしまいます。なので実際にはスマホやPCも2.4GHzでワイヤレスルータと接続するのが安心です。
自宅で使う場合は、ルーフバルコニーに設置するのですが、2.4GHzも5GHzも今ひとつWi-Fiの接続が安定しません。そこでBuffaloの無線LAN中継器WEX-733Dをベランダ沿いの部屋に設置しました。これでAZ-GTiもPCも安定して通信出来ます。なお周波数は2.4GHzで接続しています。

AZ-GTiは標準では経緯台モードのみですが、β版のモーター・コントローラ・ファームウェアにアップデートすることで経緯台モードと赤道儀モードを選択することができるようになります。
モーター・コントローラ・ファームウェアのページから、
Firmware: AZGTi Mount, Right Arm, AZ/EQ Dual Mode, Version 3.16がダウンロードできます。ただし
"For OTA right-side installation. Support both alt-az mode and equatorial mode. It is for testing purpose only, not a formal version."と書かれていて、「テスト目的用であって、正式版では無い」ので、適用は自己責任となります。
なおモーター・コントローラ・ファームウェアをインストールするには、WindowsからWindows program: Motor Controller Firmware Loader - WiFi, Version 1.70を使ってWi-Fi経由でインストールする必要があります。

AZ-GTiを赤道儀モードとして使う場合には架台を傾けて使うことになりますが、架台の固定が3/8インチネジ1本であることと、赤経軸のクランプはあまりきつく固定できない為に、バランスをある程度合わせておかないと急激に動いて搭載している鏡筒やカメラを壊してしまう可能性があります。従って架台固定を複数のネジで行うことと、バランスウェイトを付加することが必須です。

私の場合には底面中心の3/8インチネジ穴の隣にドリルで穴を空けて1/4インチネジを切って、3/8インチネジと1/4インチネジの2つの穴を使ってアリガタプレートに固定しました。ただしこれは一般にはお勧めできません。なぜなら底面のプレートを中心軸以外の部分はかなり薄いため、簡単に貫通してしまい、切粉が内部に残ってしまう可能性がある為です。(もちろん穴を空けた時点で保証は受けられないでしょう。)なお3/8インチネジを使うのは面倒なので、3/8インチと1/4インチのアダプタ(ハクバ カメラネジアダプター H-SA8)を挿入しています。ただそのまま挿入してもネジ穴に面取り(皿モミ)がされておらず少し出っ張ってしまうので、皿モミ加工もしました。

標準のアクセサリとしてのウェイト軸はありませんので、何か適当なものを準備する必要があります。
幸いウェイトを取り付けられるようなM12(P1.75)のメネジがありますので、これに合ったものを準備すれば良いです。私の場合はKenko-Tokinaのスカイメモ用バランスウェイトシャフトと1.5kgのバランスウェイトを購入しました。スカイメモ用のバランスウェイトシャフトは、軸の太さ15mmφ、ネジはM12(P1.75)で丁度良いはずですが、ネジ部の長さが短くてうまくはまりません。シャフト自体のネジ部の長さは10mm程度ですが、AZ-GTi側は35mm程度を必要とするようです。そこで60mmのズンギリネジと、外形15mmのアルミパイプを長さ15mm程に切断したもの、長さ20mmの高ナットを写真のように組み合わせてみました。アルミパイプはそのままだとスカスカなのでネジにテープを巻いて丁度固定される太さに調節しています。

Img_20181111_215828

また極軸を天の北極の方向に向けるにはBORGのアングルプレート35【3135】を使っています。ただそれだけでは強度的に不足するので、写真のような金具を組み合わせて強化しています。

Imgp0968_2

微調整はタカハシのAZ微動ステージを使っています。これが無くても使えないことはないのですが、あると極軸調整が楽にできます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.11.02

michimoで飛鳥の旅

奈良の2日目は、飛鳥に移動して、電気自動車のmichimoを借りて観光しました。
Pb020072

michmoは2人乗りの電気自動車で、1日借りて8640円です。レンタカーと比べて少し高いです(ただし燃料費も含まれていると考えればまあそんな感じなのかもしれません)。特に飛鳥は狭い道も多いので、小型なmichmoは悪くないと思います。小さいので自動車というよりは2人乗りの屋根付きバイクといった感じで、前後に2人乗ります。窓にガラスは無く雨が降ったら合羽が必要です。またiPad miniがついていて、ナビもしてくれます。

最初は高松塚に行きました。
Pb020073

駐車場は高松塚直近の駐車場で100円を料金箱に入れるタイプでした。飛鳥歴史公園高松塚周辺地区駐車場は無料だったようですが、後で通った時には満車だったようです。

高松塚壁画館(入館料250円)では、壁画の模写や副葬品の模型等が展示されていました。最近では劣化が激しいようですが、展示されていたものは発見当時の模写と、汚れを落としたものを想定したものが展示されており、発見当初のニュースを見て感じた感動がよみがえって来ました。

高松塚そのものは復元されていて、円墳で「プリンみたい」な形になっていました。

次は、亀石に行きました。

Pb020077

駐車場は無く路上駐車でした。

Pb020078

次は橘寺。拝観料は350円。聖徳太子の生誕地とのことです。駐車場は無料です。

Pb020081

Pb020085

二面石

Pb020086

二面石の善面

Pb020087

二面石の悪面

Pb020088

橘寺の右近の橘。境内に沢山の橘があるのかと思いましたが、駐車場脇に寂しく生えていました。

Pb020096

次は石舞台古墳。駐車場は無料でした。石舞台古墳の入場料は250円。JAFの会員証を提示することで本人のみ1割引きです。

Pb020106

Pb020097

Pb020098

Pb020100

Pb020101

Pb020102

石舞台の中にも入れます。結構大きな空間で、古墳の巨大さを感じます。決して平たんな土地ではなく、ここまでこのような巨石をどうやって運んできたのか不思議です。

次は酒船石

Pb020108

駐車場は良くわからなかったので、止めた場所は秘密。万葉民族資料館の駐車場に止めるのが正解のようです。このあたりのナビ(どこの駐車場に止めるべきか)はiPad miniにインストールされていたmichimoナビは全く役に立ちませんでした。

少し戻って飛鳥板蓋宮跡(あすかいたぶきのみやあと)。駐車場は特にありませんでしたが、ロータリーのようなところに止めました。
小学生のグループに対して、何やら劇のようなことをやっていました。

Pb020113

中大兄皇子(服装が王子違いですが)

次は飛鳥寺。拝観料は350円。駐車場は普通車500円ですが、michimoは無料(村が払っているとのこと)です。
ここは日本最古の寺とされているところで、飛鳥大仏と呼ばれる釈迦如来像があります。顔立ちはいかにみ飛鳥時代を感じさせます。

Pb020118

Pb020119

蘇我入鹿首塚

Pb020120

飛鳥寺西方遺跡

Pb020122

Pb020123


飛鳥寺についたあたりから雨が降りだしてきましたが、飛鳥寺を出るときは豪雨となっていました。いよいよ合羽の出番です。しかし最初は上着しか着ずにズボンを履かなかったのが失敗で、結構濡れてしまいました。

そのあと国営飛鳥歴史公園甘樫丘地区に行こうとしたのですが、無料駐車場の場所が分からず、雨も強いので、一旦michmoの充電ステーションもある「あすか夢の楽市」に避難しました。すると隣が明日香村埋蔵文化財展示室になっているのに気付いて、そこを見学しました。

Pb020131

Pb020139

キトラ古墳の模型もありました。

しばらくすると、雨も小降りになってきたので、猿石を見に行きます。

欽明天皇陵

Pb020142

さすがにでかいです。これが重機も無い古代の人が作ったものとは驚きです。

Pb020153


欽明天皇陵の近くにある吉備姫王墓の中に猿石があります。

Pb020143

Pb020144

Pb020155

最後は、鬼の雪隠と、

Pb020156

鬼の俎

Pb020158

今回借りたmichmoですが、坂道も問題無く力強く登ってくれました。飛鳥の狭い道にはぴったりだと思います。
ゆっくり走っているときは静かですが、力を出すときはさすがにうるさいです。また乗り心地はあまりよくありませんでした。車体が小さいのであまり速度を出すのは怖い感じですが、50km/h程度は問題なく出せます。ただし後方は見にくいのと、車幅の感覚には最後まで慣れることができませんでした。そして最大の問題は窓が無いので、雨の時は合羽が必須ということでしょうか。今回は結構豪雨の時間もあって大変でした。気温は比較的さわやかな感じだったので、問題はありませんでしたが、厚い時期や寒い時期にはどうなるのか心配です。細かいところではウインカーが左側・ワイパーが右側のレバーという海外仕様ということもちょっととまどいました(思わずワイパーを動かす場面もありました)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.11.01

正倉院展

奈良国立博物館で開催されている第66回正倉院展に行ってきました。

正倉院展は3回目ですが、昨年・一昨年はいろいろ都合があって行けませんでしたので、3年ぶりです。

前の2回もそうでしたが、近鉄奈良駅前に朝6時半過ぎに到着する夜行バスで奈良に向かいました。奈良に到着後、コンビニで朝ごはんを仕入れて、奈良国立博物館まで徒歩で向かいます。

Pb010001_2

Pb010004

博物館前に着いたのは7時10分頃でしたが、15人ほどの人が並んでいました。

Pb010005

混雑した館内では大きな荷物は邪魔なので、コインロッカーに荷物を預けました。特設のコインロッカーが開くのは8時なのでそれまで待って預けに行きました。預ける際には100円必要ですが、受け取る際にはその100円は帰ってきます。8時ころには並んでいる人は200人ほどに増えていました。

定時の9時に入館開始でした。(準備が早くできると10分程度早めに開館する場合もあります。)

今回は、鳥毛立女屏風(とりげりつじょのびょうぶ)、紫檀木画強挟軾(したんもくがのきょうしょく)、鳥獣花背円鏡(ちょうじゅうかはいのえんきょう)、鳥獣花背方鏡(ちょうじゅうかはいのほうきょう)、白瑠璃瓶(はくるりのへい)等、今回は螺鈿細工のようなきれいな色合いのものは少なく、どちらかというと地味な色合いのものが多かったです。
それでも歴史の重み、作品や資料に関わってきた人々の息遣いを感じることができて、とても面白かったです。
ただし今回も夜行バスの中で良く眠れませんでしたので、観覧の後半はちょっと眠かったです。

今年は奈良国立博物館仏像館は改修中で見ることができませんでした。

その後、戒壇堂を見に行きました。四天王はなかなかのイケメンで一緒に行った女房は気に入っているようでした。
Pb010010

特別公開されている正倉院も見てきました。
Pb010014

Pb010016


その後興福寺で阿修羅像等を見た後、南円堂、北円堂に行きました。北円堂の四天王はちょっとアニメっぽい感じでした。
Pb010029

Pb010031

最後は平城宮に行きました。
Pb010048


Pb010044


Pb010066

Pb010061

夕方の生駒山に雲がかかって幻想的でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.01.01

今年もよろしく

2014年、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

2013年は、仕事でフランスやアメリカに海外出張したり、展示会があったりと、いつもに増して忙しかったです。
子供の学校の後援会の会長となって、個別相談会・バスツアー・学園祭等、不十分ながらもいろいろな活動をしてきました。
マンション管理組合としては、大規模修繕に向けての調査診断や、隣のマンション建設に対する対応などがありました。
天文現象としては、パンスターズ彗星・アイソン彗星が明るくなると期待され、大ブレイクとはいかなかったものの、ラブジョイ彗星も合わせてそれなりに楽しめました。
今年はどんな年になるんでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.03.11

東日本大震災から1年

東日本大震災から1年が経ちました。

府中市郷土の森の梅まつりでも、14時46分には1分間の黙とうをしました。

当時私は1週間ほど前から体調が思わしくなく(今もそうですが)、前日の子供の卒業式とPTA主催の卒業を祝う会の疲れもあって、会社を休んでいました。遅い昼ごはんを食べた後、さてもう一眠りをしようかと思っているときに、あの地震が発生したのでした。本棚の本の多くが崩れ、米びつが飛び出し、タンスの扉が開き、子供が食べようとしていたごはんが落ちてくる中、子供と2人でテーブルの下に隠れていました。ガスは自動的に止まり、ガスメータの復旧作業が必要でした。その後はテレビにくぎ付けで、電話やメールもなかなかつながらず、おじいちゃんの家に行って初めて安否確認ができました。下の子は迎えが無いと下校できないとのことで、学校に車で迎えに出かけました。渋滞で結構時間がかかり、帰りにデニーズで夕食を食べましたがとても混雑していました。コンビニで弁当を買うという選択肢も考えたのですが、実際には売り切れで無理だったようです。22時過ぎにやっと家にたどり着きましたが、電車は止まっていて女房は家に帰れない状態でした。会社に泊まるつもりだったのですが、車で迎えに行くことにしました。途中踏切のところに電車が止まったままになっていて踏切が渡れないところがあったりするなど、苦労して会社にたどり着いたのは夜中過ぎでした。家にたどり着いたのは2時過ぎだったと思います。
体調不良で休んでいた身としては、肉体的にもとてもつらかった1日でしたが、それでも無事家族全員が無事で夜を迎えることができました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

府中市郷土の森梅まつり

今日は体調はいまいちだったのですが、足の手術後あまり外に出ていない子供が「外に行きたい」というので、でかけることにしました。おじいちゃん・おばあちゃんも誘って、府中市郷土の森で行われている梅まつりに行ってきました。今年は例年より寒いということなので、本来なら今日が最終日だったのですが20日まで延長されていました。いつもなら自転車で行くのですが、子供がまだ松葉杖なので車で行きました。駐車場は梅まつり開催中ということで満杯状態でしたが、まわりを何周かするうちに空きができて何とか入ることができました。

肝心の梅の方は、もう盛りを過ぎたものもありますが、まだまだこれからのものもあって、十分楽しめました。
Imgp7501
Imgp7504

梅以外にも古いひな人形の展示や、太鼓の演奏などもやっていました。
Imgp7508
Imgp7510


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.23

ライトアップされた東京スカイツリー

今日はクリスマス前ということで特別にライトアップしていました。
ライトアップされた東京スカイツリー


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.15

ふたご座流星群

12月14日(水)26時10分から10分ほど夜空を見ていました。ふたご座流星群らしき1等級の流星が1個、視野の端で確実ではないですがもう一つ見えました。
月が明るく、寒かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.04

富士山

今日の富士山は昨日の雨の際に雪が降ったようで、真っ白になっていました。
Imgp7172純白の富士山

また日没後の富士山もきれいでした。
Imgp7181夕方の富士山


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.12.03

東京モーターショー

12月3日(土)東京ビッグサイト国際展示場で開催されている東京モーターショーに息子と二人で行ってきました。

ここでは車についてのレポートではなく、自動車レーダーを中心にレポートします。

まずはデンソーの76GHzレーダー
Imgp7087デンソー76GHzレーダー

画像センサーもあります。
Imgp7089画像センサー
Imgp7088画像センサーによる割り込み検知
Imgp7092ミリ波レーダーやレーザーレーダー・画像センサーなどによる先進安全システム

Boschのブースでもスペースを割いていました。
Imgp7106衝突予知緊急ブレーキシステム
Imgp7107衝突予知緊急ブレーキシステム
Imgp7109長距離レーダーセンサー
Imgp7110中距離レーダーセンサー
かなり小さいレーダーセンサーです。

Continentalにもレーダーセンサーがありました。
Imgp711677GHzレーダー
Imgp711877GHzレーダーの説明
Imgp711724GHzレーダーセンサー

Volvoのレーンチェンジサポートにもレーダーを使っています。
Imgp7129

各社のトラックにもいろいろなレーダーが採用されているようでした。
Imgp7130

今回の東京モーターショーは、環境が主なテーマで、ハイブリッド車、電気自動車、第三のエコカー(ガソリン車の低燃費車)をはじめとした環境技術の展示がされていました。

もちろん環境だけでなく、自動運転や安全技術も忘れてはません。
Imgp7170自動運転のデモ


| | TrackBack (0)

«後光輝く富士山